探偵に浮気調査をお願いして、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。 信頼のできなくなったパートナーと死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。 あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると間違いなく別れさせられるはずです。 GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに装着して、行動の様子をリアルタイムで監視し、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して調べたりします。 普段、運転しないような人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。 こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。 探偵は頼まれたことの調査をやるだけでは終わりというものではありません。 不倫をしているのか調べていくと、トラブルが発生する可能性があります。そういう時に、一番に依頼人のことを最優先に考えてくれるのが信じられる探偵と言えるでしょう。 探偵が信用できるか否かは、相談した時の対応などでよく考えて判断するようにしてください。 法律の上で、結婚した人がパートナー以外の人と自分の方から肉体関係を持つことを不貞と定めています。 すなわち、法律上では、肉体関係を持っていなれば、普通のデートをしたとしても、浮気とはいえないということになります。 個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵事務所や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。 頻繁に掛かってきたり取っていたりまた電話をかけ直していたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度間違いないと思われます。 そういったことに気付いたらその電話をしている相手を突き止めるだけでいいのです。 そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。 ... Read More