1.浮気の慰謝料はまちまちです。 不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。さらに、不倫相手が不倫を認めない時には証拠が必要になります。第三者からみても明りょうな浮気の証拠が必要です。コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実がばれてしまうこともあります。SNSだと誰の投稿か一見わからないのでパートナーも無意識のうちに、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。中には、浮気をカミングアウトする様な証拠を書き込んでいる可能性もあるのです。相手のアカウントを知ることができるならチェックしてみてちょうだい。 2.元に戻す気が無ければ浮気の現場に飛び込んでも ほんとに離婚してもかまわない、あまたの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、止めておきましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼すると言う方法があるんです。浮気の調査を探偵に任せ、誰が見ても沿うとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払って貰うこともできます。パートナーが信用できなくなってしまうと死ぬまで供にいるとなるとおもったよりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかも知れません。アト、配偶者の不倫の相手に慰謝料の請求をしておけば確実に別れさせることもできるはずです。着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、よくない兆候です。浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかも知れません。突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを着るようになってきたら、大変よくない兆候です。その中でも特に、趣味の良い下着を身につけるようになったら、浮気の可能性があるんです。浮気調査の費用節約というと、できる範囲のことは自分で前もって調査を済ましておくようにしましょう。 3.調査と言っても身構える必要はありません。 調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はないのです。毎日、パートナーの行動記録を付けておけば良いだけです。毎日、しごとに出掛けた時間、帰宅した時間、電話で誰かと通話していれば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵が尾行をおこなう時間が長いよりも短い方が、お金がかからなくなります。したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、パートナーの日常の行動をよく知っておくことが大事です。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵にも余計な労力がかからず、どちらにもメリットがあるんです。GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取付して、行動の様子をリアルタイムで監視し、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して調べたりします。車より、公共交通機関などを使う人には、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。沿うすれば、相手がどこに行ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。 ... Read More