1.自分でやると効率が悪い 自分でやみくもに動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。 探偵に依頼すると、浮気の証拠を確実につかむことができます。 自ら浮気調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。 でも、パートナーに詰め寄っても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。 そのため、確実な証拠というものが必要になります。  探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、購入できます。 一般的には、追跡グッズはGSP端末を用いるというケースがほとんどですが、誰でもネットなどで購入できます。 車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも購入できるのは当然です。 浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で頼めば得になるかと言えばそうでない場合にも遭遇します。 条件が成功報酬であれば調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。 そのため、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、求めているような人がいます。 2.請求書を探る 食事をした際の請求書には飲食時の同席者の人数が書いてある事があるので、浮気と特定する材料となります。 かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は毎月きちんと目を通すようにします。 出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人と一緒にいたと判断される事があります。 だいたい浮気調査福岡の調査期間は何日ぐらいなのかというと、普通は3~4日が目安です。 しかしこれはあくまでも一般的な期間です。 パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあることも覚悟してください。 逆に、怪しい日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。 例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかむことが可能です。 浮気相手への連絡手段として携帯を使うのが当たり前だからです。 最近はメール、LINEで連絡をことも多くなったとはいえ、好意を持つ相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。 ですから電話をする可能性ももちろん考えられます。 3.浮気の証拠を押さえる 探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。 相手の様子が浮気を想わせた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。 でも、浮気の証拠を自分だけで集めようとしたら、相手に見つかるという事もなきにしもあらずです。 その原因ははっきりしており、相手があなたの顔を知っているからです。 探偵の場合には、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かして正面からの調査を行う傾向にあります。 探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、興信所の方は情報収集に向いていると結論できそうです。 GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を把握したり、時間のある時に、データを取り出して様々な分析をすることも可能です。 車より、公共交通機関などを利用する人には、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。 それによって、相手が行った場所やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。 SNSを通じて浮気の証跡をばれてしまうこともあります。 SNSは実名を公表しないのでパートナーも無意識のうちに、プライベートを事細かに書いてしまう事がしばしば見られます。 場合によっては、浮気を裏付けるような記載を記入している場合もあるのです。 ユーザーIDを見つけたなら調査してみて下さい。 ... Read More