1.SNSも危険です 浮気の形跡がSNSを介してばれてしまうこともあります。一般的に、SNSは本名を公開しない特長がありますのでついうっかりパートナーが、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がしばしば見られます。 時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を書き込んでいる可能性もあります。アカウントを認識しているのなら調べてみて頂戴。興信所と探偵事務所のちがう所を聞かれた場合、これと言って無いと言っても良いでしょう。双方とも、浮気調査東京、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。 2.興信所は浮気調査はやらない とはいっても、違いがあるとしたら、企業や団体からの依頼の殆どは興信所に、個人からの依頼の殆どは探偵事務所に行っています。一部の探偵がアルバイトのようなことがありえます。探偵としてのアルバイトを調べてみると、募集がかかっていることを知るでしょう。というりゆうで、探偵事務所がバイトとして採用することも多くの例があると言う事です。浮気探査を指せようとするときには、個人情報を教える必要があります。でも、バイトだと正社員と違ってずっとつづけているという保証はないですし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。探偵の尾行代が幾ら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間あたり一〇〇〇〇円から3万円くらいです。当たり前のことですが、探査員が少ない人数なら安く、多いほど高くなります。また、尾行のために車とかバイクで行なう場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認が大切です。 3.浮気の証拠は 例えば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめます。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使うのが当たり前だからです。今やメール、または、LINEなどいろいろな方法で連絡をことも多くなったとはいえ、やはり浮気相手の声を聴きたくなるのは当然のことでしょう。ですから電話をする可能性も十分考えられますね。行動をメモしておくことで浮気の証明をできることもあります。大抵、人の日々の動き方には決まりができるものです。けれども、浮気を行ったら、行動のパターンが変わります。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを特定することができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の証明ができる可能性が上がります。探偵事務所探査を依頼し、浮気の証拠を掴む事が可能です。配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。しかしながら浮気の証拠を自力で手に入れるとなると、配偶者に発見されてしまう可能性は低くないでしょう。はっきり言ってその理由は、相手があなたの顔を知っているからです。自ら動くより、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。 4.探偵に任せましょう 探偵におねがいすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。自分がりゆうもわからず手当たり次第に調べても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件での離婚はできないでしょう。そのため、確実な証拠というものが必要になります。浮気調査の費用の節約には、出来る範囲のことは自分で前もって調べておくことです。調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。毎日、出勤していった時間や、帰宅した時間、電話が掛ってきた場合は、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。探偵には悪いところがなくても、残念なことに依頼者の気もちが先行してしまい、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気探査が難しくなり、失敗に終わる場合もあります。幾ら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が手に入るりゆうではないのです。成功報酬にするのかどうかについても、契約を交わす際に決めておくことが大事だと言えます。 ... Read More