あなたの配偶者が不貞を犯したら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事が出来ます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、伴に住んでいる意味が無幾らいに、 二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を請求することができません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等色々な事を考えて裁判官が判断します。 実際に探偵に頼向ことで浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。 浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。 ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を収集しようと思っても、相手に気づかれてしまう事もなきにしもあらずです。 ワケとしては単純で、あなたの顔が相手に知られているからです。 夫の浮気相手のところに妻が談判に行って修羅場と化すシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。 情事の現場へ乗り込むのも方法としてアリです。 ブライダルエステの予約や口コミ情報 離婚になってもいいと思う場合は、実行する余地はあるかもしれません。 相手に全く覚られずに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。 浮気現場の写真を撮ったとしても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にならないのは仕方の無いことです。 浮気調査を探偵が依頼されたときは、非常にコンパクトなカメラを使って相手が知らない間に鮮明に写真におさめることが出来ます。 時間単位での尾行料金が設定されている場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なくなります。 ... Read More