両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、類似したシゴトをしています。 しかし、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。ワケもわからず自分で動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。 探偵におねがいすると、ほしい浮気の証拠がつかめます。自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。 でも、パートナーに詰め寄っても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。 不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。 離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は低くなるのです。さらに、不倫相手が不倫を認めない時には証拠が必要となります。第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。 浮気の証拠をとらえるためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。しかし、探偵に依頼するのは調査料金も安くはないですから、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵に浮気調査を頼んだとしたら、幾らくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所ごとにも価格はそれぞれ異なるので、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。 探偵を頼むにはお金が掛かりますから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。 脱毛入力してくださいを英語で訳すと ... Read More