調査対象者から分からないように、その人の行動を把握する手段として、尾行を行うことは多くなります。ただ調査対象者の後をつけていけばよいというわけではないこの尾行という行動は、実は難易度が非常に高い行動の一つになっています。 調査対象者になる人の多くは、実はどこか後ろめたいことがあったり、何かを探られたくないという思いを持っていることも多いため、もともと警戒心が高い状態になっていることが多くなります。普段街を歩いている場合でも、辺りをきょろきょろと伺っているという人も決して少なくはありません。そのような人に気が付かれないように相手の行動をチェックしていく必要があるのですから、より慎重に行う必要が出てきます。 どんなに知らない人でも、自分の後を一人の人がついてきていたとしたら、ふと気になってしまうこともあります。このため、探偵は調査対象者から把握されないように複数人が協力をして尾行調査を行うことが一般的です。その連携をどのように取っていくのかという点も、尾行調査の難しさを上げていきます。以前に比べるとヘッドフォンをして歩く人が増えたため、通信手段を用いた連携はしやすくなってはきました。 ですが移動手段として車や電車を使われると、さらに難易度は高くなっていきます。 ... Read More