近頃はスマホを情報源として浮気がバレたというパターンが多くみられます。 パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴に不貞行為の一部始終が残されているというのは当然でしょう。しかもロックをかけているのだったら、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。探偵はそれを仕事にしているのですから、察知されることはまずないといって良いでしょう。また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手が用心してしまうというケースもあります。調査完了日までは少なくとも、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。不倫行為の証拠といえば、やはり、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。浮気現場にシロウトが踏み込んだり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料をゲットするのは相手に発覚するおそれもありますから、代わりに探偵社に依頼することも考えておくと良さそうです。私ではなく職場の同僚の話です。彼の妻が元カレと不倫していて、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと思っているみたいです。気持ちは分かりますが裁判となると裁判費用が要ると聞いたことがあります。浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言ったのです。まずは冷静になることですよね。興信所の仙台での実績は探してみないとわかるものではありませんよね。 ... Read More